交通費精算の内容と流れ

交通費精算で会社にとって最も一般的なのは、家と会社の駅の往復の定期券の手続き等だと思われます。ところが仕事の種類によっては電車やバスを使って毎日いろんな場所に移動する人も当然居て、私も以前その一人だったのですが、その場合は自分で後日精算書などに記入します。とはいっても記入するだけで行った場所の証明には当然ならないので、書類には駅の記入だけではなく、証明となる紙を添付して提出します。私の以前居た会社では交通のICカードの乗車データを駅の切符売り場の機械で履歴印字をし、その出てきた履歴の紙を精算書の書類に添付して手続きを取っていました。この様に、現在はICカードのデータも切符の機械で履歴印字の紙を発行できるようになっているので、以前の様に切符を全て保存して添付する必要も無くなりました。電子マネーの発達もあり、交通費精算は以前よりも効率化が進んでいるのではないでしょうか。

交通費精算をシステムで対応する

会社に勤務されている方の中には仕事の関係で社外に出張される方も見えると思います。この出張に際しては近場の場合ですと自家用車で対応したり或は遠方の場合においては電車などの公共交通機関を利用したり、時には飛行機などを利用して対応するケースが有ります。そしてこれらの旅費の精算を行う必要が有りまして、会社がこれらの旅費を立て替えてくれている場合は別にして、自分のお金で切符の購入を行ったりした場合や、日当などを精算する必要が有ります。そしてこれらの交通費精算は会社の規模によっては事情に多くなりますので、この際には旅費精算システムを利用するなどして電子申請や承認などを行って対応するケースが多いのです。そして皆さんの勤務されている会社の中においても、この様な交通費精算システムを利用されているケースも有ると思います。

交通費精算はシステム化でスピードアップしましょう

会社には様々な部署が有りまして、主に内勤でデスクワークを行いながら仕事を行ってゆくケースや、或はお客さんをまわるなどして営業を行ったり、または仕事を依頼している会社との打ち合わせや指導を行う事をメインにしているケースが有るのです。そしてこれらの外出時においては電車や飛行機などの公共交通機関やタクシーを利用して移動したりします。これらの運賃の精算においては会社で交通費精算を行う事になるのですが、多くの従業員のみえる会社ではこの様な精算業務の工数が多くなり、これを低減させるための様々な取組が必要となってきます。そこで会社では交通費精算を行う為のシステムを導入して対応するケースが多いのです。このシステムにおいては、電子申請や承認を行う事が可能でスピーディーに処理を行う事が出来るので工数低減やペーパーレスなどのメリットが有ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です