交通費精算に関してのコメント

働いていると、何かと移動でのお金がかかります。特に、営業関係の仕事だと外を回ってくることが多く一回電車に乗るだけでも金額が積み重なって、ばかにならない金額になっているということがしばしばあります。しかも、最近の会社はタクシー移動の領収書では経費で落としてくれない場合もありますので、電車の乗り換えごとに交通費精算をしなくてはなりません。とっても大変です。しかし、今は会社によってはシステムが導入されているのでパソコンで30秒くらいで申請をすることができます。そのシステムがなかったら、電車も切符で乗らなくてはいけないし、すごく時間と手間がかかります。考えただけで疲れてしまいます。徐々にそのようなシステムが向上されるのはとても便利で助かります。また、近場だけではなく新幹線や飛行機を使う場合でもそのようなシステムが導入されつつあるので、遠出の出張に行く機会が多い人はとても助かるのではと思います。

交通費精算は忘れずに

社会人の皆さんは、会社から出張を命じられることも多いと思います。出張とまではいかなくてもちょっと必要なものを調達しに電車を使って移動するなんていうこともあるでしょう。この時にかかる交通費は、あくまで仕事をする上で必要不可欠なお金なので、しっかりと会社に交通費精算をしてもらいましょう。小銭程度の金額だからといって精算しない人も多いのが現状ですが、小銭もちりとつもれば山となります。後々思い返して後悔するぐらいなら、少しの手間を惜しんで精算しておきましょう。その際に、必ず交通費を使ったという証明のレシートや領収書はとっておくようにしてください。これがなければ証拠がないからと言って清算してもらえません。交通費だけでなく、ちょっとしたものを立て替える時も証拠になるものは必ず残しておくようにしましょうね。

サラリーマンの交通費精算の仕組み

世の中ではサラリーマンや仕事している方がタクシーやバス、電車などを利用している光景をよく見かけると思います。学生の方や社会に出ていないお方は交通費かなりかかると思われがちですが、世の中はそんな悪魔ではありません。仕事のために必要な交通費は後から交通費精算ができます。会社にはそれぞれ経理担当がいまして、経理とは会社運営に必要なお金経費を管理する事でそれの担当者がいます。その人に仕事で移動が生じた場合どこからどこまで行ったかわかる領収書と仕事内容を伝えれば、経費から交通費が支払われます。だいたいまとめて何日か分を支払うケースが多いみたいです。また、接待などにかかった食事とか会社のために利用したお金はその様な形で経費から支払われてます。なので、個人のお金から支出しているわけではないので安心してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です