システムでの交通費精算

交通費精算は、外回りをしていたり外出の多い方は毎月やらなければならない作業の一つではないでしょうか。意外と忘れがちですが、きちんと自分の立て替えている経費を精算するということは、会社の決算などにも関わるとても大切な仕事です。昔は紙に使った電車賃などを記載して上長に決済をもらい、そのまま経理でお金を現金で受け取るという方法をとっていたかもしれません。しかしここ最近では、システム上に精算額を入力し、上長にもシステム上で決済をもらいます。そのあとに経理にて処理をしてもらい、自分の銀行口座に振込をしてもらうというのが最近のやり方となっています。処理もとても楽ですし、紙の削減にもなりますし、何よりも迅速に対応ができるので、とても便利になったのではないかと思います。きちんと精算をすることもとても大切です。

交通費精算は大変です。

気が付くと一杯領収書が貯まるからです。気をつけていても次々とは清算が出来ません。殆ど溜まった領収書を一気に清算するという感じです。もちろん経理もそのままでは困るはずです。できる限り早く清算するのが良いとは思っているのですが中々思うようには進みません。殆ど交通費精算では目を付けられているようです。もちろん経費を貯めていると、自分がいざ使おうと思ってもお金が出てきません。気が付いたときにドンドンやっておくことが必要だと考えます。これが出来る用になればもう少し仕事もはかどると思うのです。この精算が滞ると移動ッするのも大変です。出かけたい地方都市などへもなかなかで掛かることすら出来ません。やはり定期定期にきっちりと行うことが必要だと考えています。それさえ出来れば、領収書を失うこともなくなると思うのですが。

出張へ行く者の側と交通費精算を任されている側

出張から帰ってくると、領収書や切符の半券やらの提出ですとか何かと面倒な事が待っています。何とかならないものかなあといつも思っています。それは交通費を精算する立場の人間も同じく、仕事とは言え面倒なわけです。中には証拠書類を失くしたとか言う者もいて、厄介な事になったりして。そこでですね、今の時代ってカード時代じゃないですか。JRとか地下鉄はみんなカードが使えますよね。そう言ったカードで、家のパソコンでもって使用明細が分からないものかなと思います。例えば、日付時刻=○月○日・13:05、使用区間=○○~○○間、金額=○○円みたいに明細が出ると、そのカードを会社に提出する事で交通費精算が可能になれば労力の削減になるのかなと思います。カードを会社で個人に支給しておけば交通費の精算も出来ますし、ある程度の日々の勤務管理もカードでチエック出来るのではないでしょうか。これにはまず、すべての交通機関の共通カードを作る事が必要ですし、パソコン対応の技術的な問題もあるのでしょうが、しかし、ぜひ近いうちにそのような未来がある事を私は希望します。

そんな事を思ったていたら、既に希望どおりのものがありました。その名もクラウド型交通費精算システムネクストICカードです。 機能は上で希望を上げていたものまんまなのですが、使っている定期券を読み取って交通費精算をしてくれます。これならば、どこに行ったのか。いくら使ったのか。何日に行ったのか。をわざわざ調べる必要がないので作業がずっとはかどります。私があったらいいな。と思ったものが既にあるなんて、便利な世の中になりました。